母親が亡くなってから親一人子一人の父子家庭になった横宮家。

父は娘のためにあくせく働き、娘の七海は学校でも家でも大人しいが真面目にすくすくと成長していたが、七海は密かに父に対して親子以上の感情を抱いていた。

そんな気持ちを押し殺すように毎日オナニーして自分を慰めていたが、父親が再婚の話を切り出したある日、溜まりに溜まった欲望がついに爆発してしまう!!

作品紹介

おすすめの記事